製品情報

Digimat - 材料特性予測ツール


近年の工業製品には樹脂・複合材などの高機能材料が採用されています。高機能材料の多くは複数の材料を混合しており、実験による材料特性の取得も容易ではありません。

Digimatは独自アルゴリズムによるマルチスケール理論を用いることで、これらの樹脂材料の材料特性をシミュレーションにより高精度・高速に得ることができます。ヨーロッパでは自動車、航空宇宙、材料の各分野メーカで使用されており、樹脂製品設計に多くの実績を挙げております。



Digimat-MF

基材の材料特性とコンポジットのミクロ構造(フィラーの配合率、長さ、配向)に基づいて、複数相材料の非線形力学特性、熱特性、電気特性を予測

Digimat-RP

成形シミュレーションによって得られた繊維配向などの情報を構造解析ソルバーに引き継ぎ、連携解析を行うワークフローを分かりやすく実現するためのツール

Digimat-FE

材料(樹脂、ゴム、金属、グラファイトなど)のミクロ構造がもたらす様々な特性を忠実に再現する代表体積要素(RVE)を生成し主要なFEM ソフトウェアとのインタフェースを生成

Digimat-MX

Digimat 材料データの準備、保存、復元および、材料サプライヤとユーザ間のセキュアなデータ交換が可能

Digimat-MAP

成形シミュレーションと構造解析の異なるメッシュ間で、繊維配向、残留応力、温度およびウェルドラインのデータをマッピング

Digimat-HC  (旧micross)

最新のマイクロメカニクスモデリング技術によりハニカムサンドイッチパネルを簡単に設計するツール

Digimat-CAE

非線形マルチスケールモデリング技術により、成形プロセスを考慮した繊維強化樹脂/複合材料部品の高精度な構造解析を実現



適応事例

  • フィラー添加樹脂の物性予測
    − 応力・ひずみ特性
    − 熱ひずみ特性
    − 熱伝導・電気伝導特性
    − 破断タイミング
  • 航空機用ハニカムパネルの力学特性予測
  • ナノコンポジットの凝集効果の影響検討
  • フィラー添加樹脂部品の高精度解析
    − 固有値解析
    − 熱変形解析
    − 強度・剛性解析
    − 衝撃解析
適応事例


動作環境

●サポートOS

Digimat全プロダクト(GUI含む) Windows Vista、Windows 7
※ 32bit、64bitいずれも対応
Digimat-MF、Digimat-CAE(GUIなし) Linux: Red Hat(v4以上)、Suse(v10以上)
※ x86-64bitに対応

※ ライセンスシステムとしてFlexLM ver11.1.1を使用します。







ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 株式会社JSOLの販売地域は日本国内に限ります。
NTT DATAグループ日本総研